東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

議場で挙式いかが 野田市が門出を祝福 来月26〜30日に2組

市職員が新郎、新婦役となって議場で行われた結婚式のリハーサル=野田市で

写真

 野田市は、市議会議場で結婚式を挙げるカップルを二十三日まで募集している。二人の門出を市を挙げて祝うとともに、野田に愛着を持って住み続けてもらうのが目的で、県内では初めての開催。 (林容史)

 挙式費用を節約したいなど、さまざまな理由から結婚式を挙げないカップルが増えている中、結婚情報誌「ゼクシィ」の呼び掛けで、市庁舎や議場を会場に実施している「届け出挙式」。昨年二月の北海道苫小牧市を皮切りに、三重県鈴鹿市、東京都足立区、神奈川県横須賀市などで開かれた。

 挙式は二組限定。三月二十六〜三十日のうちの希望日で、式は午前十一時から三十分ほど。

 応募できるのは、いずれかが市内在住か今後、居住予定のカップル。挙式当日に婚姻届を提出するか、昨年四月一日から挙式前日までに婚姻届を提出し、結婚式を挙げていないことが条件。

 式は人前式で行い、誓いの言葉を述べ、結婚誓約書に署名するなどした後、家族や友人らと記念撮影をする。

 挙式費用は無料。服装は自由で、ブーケやベール、花冠など必要な物はゼクシィが用意する。家族を含め招待客は三十人程度。市長や議長も出席を予定している。事前に打ち合わせをすれば式のアレンジもできる。会場内での飲食はできない。

 市のホームページから応募する。申込者多数の場合は抽選を行う。

 市は音楽で式を盛り上げるため、議場の音響設備を改修する。

 問い合わせは市企画調整課=電04(7123)1065=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報