東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

118番 普及ポスター 2氏モデルに海保

写真

 千葉海上保安部が、海の事故などを通報する緊急電話番号「118番」の広報ポスターを作った。千葉ロッテマリーンズの井口資仁監督(43)と、一宮町出身のプロサーファー大原洋人さん(21)をモデルに起用した。

 118番は、海難事故や不審船の目撃などの事件情報を通報する番号。井口監督は「海は大好きで、光栄です。自分はオフに海釣りをしたり、一昨年は小型の船舶免許、昨年は小型特殊船舶免許を取得しました。大好きな千葉の海の安全、安心の確保は私も強く伝えていきたいメッセージです」などとコメントした。

 大原さんも「海はうまく付き合っていけば、多くのものを与えてくれるので、みなさんも安全に海と付き合ってほしいなと思います」とのコメントを出した。

 千葉海上保安部は2015年から毎年、118番を普及させるためにポスターを作っている。 (中山岳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報