東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

全湯制覇でケロリン桶 船橋の銭湯9軒 スタンプラリー

折り畳んだスタンプラリー専用台紙の表紙

写真

 船橋市内で営業する九軒の銭湯を利用してもらおうと、市と船橋浴場組合がスタンプラリーを実施している。専用台紙を各銭湯に置き、全湯を利用するとプラスチック製の黄色い「ケロリン桶(おけ)」が贈られる。三月二十一日まで。 (保母哲)

 同市内では最盛期、三十三軒の銭湯が営業していたが、減少が続いている。サウナやジェットバス、打たせ湯を備えたり、壁面に富士山などの風景が描かれたりと銭湯ごとに特徴があり市民にその魅力をPRするために企画した。

船橋市内の銭湯(同市提供)

写真

 「ふなばし銭湯ゆめぐりスタンプラリー」の専用台紙はA3判で、八分の一に折り畳むことができる。九つの銭湯の所在地や設備のほか、近くの「お勧めの店舗」案内も盛り込まれた。スタンプを四つ集めると、五カ所の入浴料が無料になる。

 船橋市内の入浴料は大人四百三十円、十二歳未満百七十円、六歳未満七十円。スタンプラリーの問い合わせは、市ふなばし観光・ブランド創造室=電047(436)2473=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報