東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

船橋ロフト→ららぽーと 梨神社、引っ越しだ なっしー!

写真

 人気キャラクター「ふなっしー」にちなんだ「梨神様神社」がある船橋ロフト(船橋市本町)で、同店の閉店に伴う引っ越しイベントが催された=写真。神社は17日から、市内のららぽーとTOKYO−BAY内の「ふなっしーLAND船橋本店」で一般公開される。 (保母哲)

 船橋ロフトは一九九八年、西武船橋店の駐車場を兼ねたロフト館内に開店した。しかし、西武船橋店が今月末で閉店するため、同じ日に船橋ロフトも営業を終えることになった。

 梨神様神社は二〇一四年に設けられ、地下一階バラエティー雑貨売り場内で、白いひげ姿のご神体(高さ約八十センチ)がふなっしーファンに親しまれてきた。さい銭は多い月だと約十万円になり、初詣に訪れる人も。寄せられた浄財は、東日本大震災の遺児を支援する「みちのく未来基金」に贈られている。

 引っ越しイベントは十日にあり、事前に応募した約二千二百人の中から、抽選の百五十人が参加。神事のほか、写真でこれまでの神社絡みのイベントを振り返るなどした。

 船橋ロフトと西武船橋店が閉店することに、ふなっしーは「皆さんと楽しい思い出をつくってきただけに、衝撃で残念」と話しながらも、大勢のファンが詰め掛けたことに「感謝、感激、梨汁ブシャー」と決めぜりふで会場を沸かせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報