東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

五輪で専用ターミナル 成田空港開設検討 選手ら安全な移動に

 成田国際空港会社(NAA)は、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックで世界中の国や地域から訪れる選手や競技関係者のため、成田空港内に臨時の専用ターミナルの開設を検討していることを明らかにした。

 選手らは一般客に比べて荷物が多い上、閉会式の翌日など出入国が集中する日が発生する。その際、選手らの安全確保やスムーズな移動を実現し、負担を軽減する狙い。

 専用ターミナルでは、到着時対応として手荷物取り扱い施設の増設や手荷物受取所内での一時保管、出発時対応として選手村での事前チェックインと同時に手荷物を預かり、検査を済ませて一時保管することなどを検討している。

 NAAの夏目誠社長は二十二日の記者会見で「混雑は航空機の定時性や一般客へのサービスにも課題が出てくる。計画を詰めており、ハード面では早く工事に入らなければならない」と述べた。

 ターミナル整備に向け、開催中の平昌(ピョンチャン)五輪と、これから始まるパラリンピックで、韓国・仁川国際空港が選手らにどう対応しているかの実態調査を計画している。 (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報