東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

船橋のシャネル研究所 所長が講演 冬場の乾燥対策テーマに化粧品の役割解説

細胞の役割などを説明する安藤信裕所長=船橋市役所で

写真

 シャネル化粧品技術開発研究所(船橋市山手)の安藤信裕所長による講演会が二月二十二日、船橋市役所であった。仏高級ブランドを世界に送り出している研究所で、安藤所長は「冬場の乾燥対策」をテーマに、細胞の仕組みなどを分かりやすく説明した。 (保母哲)

 シャネルの研究所があるのは、フランス、米国との三カ国のみで、同研究所は二〇〇四年四月にオープンした。船橋に開設した理由として、安藤所長は「製品を海外に送り出すため、成田空港と東京との間に位置するという物流事情からだった」と振り返った。

 講演では化粧品の役割や、皮膚の表面にある角層と保湿の重要性などを、スライドを交えながら解説。冬場は乾燥が原因で膝の下などにかゆみを感じる人が急増することを挙げ、「風呂上がりに保湿剤を塗り、長いソックスを履いて寝ること。三日たって改善しなかったら病院へ」などと、分かりやすく話した。

 また、細胞の役割や老化の仕組み、研究所で開発している医薬部外品などについても、年齢別・人種別を引き合いにしながら説明した。

 講演会は市の消費者講座として開かれ、主婦ら約七十人が参加した。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報