東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

性別気にせず選べる制服 柏市が来月開校・柏の葉中学校

さまざまな組み合わせができる柏の葉中学校の制服。右は男子用だが、性別を問わず自由に選べる(トンボ提供)

写真

 四月に柏市で開校する市立柏の葉中学校は、性別や理由を問わず、生徒が好みの制服を自由に選べるようにする。LGBTなどの性的少数者にも配慮し、スラックスやスカートなどを生徒の意思で組み合わせることができるようにした。 (堀場達)

 市教育委員会によると、市立中学校二十校は、男子が詰め襟の学生服、女子がセーラー服といい、柏の葉中は市立中で初めてブレザーを採用する。ブレザーは濃紺で、グレーにチェック柄のスラックスかスカートをはき、ネクタイかリボンをつける。

 上着、スラックスともに男子用、女子用があり、女子用のブレザーとネクタイは男子用と比べ、細めにデザインされている。ただ、性別に関係なく、男子用と女子用のどちらを選んでもよく、上下の組み合わせも自由だ。

 柏の葉中の制服について、市教委が通学区域内の小学校の保護者にアンケートしたところ、九割近くが「制服は必要」と回答。昨年十月、入学予定の六年生の児童や地域住民、市教委職員らがメンバーとなって検討委員会をつくり、どのような制服にするのか話し合いを進めた。

 市教委は、検討委の会合に先立ち、文部科学省が二〇一六年に教員向けに作った性的少数者に関する資料をメンバーに配布。検討委では、体の性と心の性が一致しない性同一性障害などの生徒が制服の違和感に苦しまないよう配慮を求める提案のほか、「スカートが嫌いな女性はいる」「冬場はスラックスがはけたらいい」などの意見も出たことから、柏の葉中は、理由のいかんにかかわらず、自由に選べる制服の導入を決めた。制服は衣料品メーカー「トンボ」(本社・岡山県)の製品を採用した。

 柏の葉中には一年生六十八人、二年生十六人、三年生六人が入学予定。市教委の担当者は「制服を選択する幅が広がる。自分に合ったものを選んでほしい。他校でもこうした機運が広がれば、教委として支援していきたい」と話している。

<LGBT> レズビアン(L・女性の同性愛者)、ゲイ(G・男性の同性愛者)、バイセクシュアル(B・両性愛者)、トランスジェンダー(T・心と体の性が一致しない人)の英語の頭文字をとった総称。性的少数者には、自分の性が男女どちらか言い切れないなど、LGBTの枠ではくくれない人もいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報