東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

木更津市長選 渡辺さん「市民総出の街づくりを」

再選を決め、祝いの花束を受け取って笑顔をみせる渡辺さん(中)=木更津市で

写真

 任期満了に伴う木更津市長選が十八日、告示され、無所属現職の渡辺芳邦さん(53)=自民、公明推薦=以外に立候補の届け出はなく、無投票で再選が決まった。市選挙管理委員会によると、市長選が無投票になるのは戦後初という。

 午後五時半すぎから、JR木更津駅近くの商業ビルで支持者らが集まって当選祝賀会が開かれた。渡辺さんは「皆さんに支えられ、木更津も少し前に進んだと思う」と四年間の市政運営を振り返った。「一致団結して、未来へとつながる市民総出の街づくりを進めていきたい」と二期目に向け、意気込みを述べた。

 今回、選挙戦にならなかったことについては「市民の皆さんから信頼してもらった結果」と見解を示す一方、「一期目以上に責任を感じている」と表情を引き締めた。

 渡辺さんは県議などを経て、一四年の市長選で初当選を果たした。東京湾アクアラインの料金八百円の値下げ効果を生かした企業誘致、「子育て世代包括支援センター」の機能強化、人口減少社会に備えた社会システムの構築などを公約に掲げた。連合千葉の推薦も受けた。 (山口登史)

      ◇

 渡辺芳邦(わたなべよしくに) 53 無現<2>

 市長(元)県議・市観光協会会長・建材販売会社社長▽日大 =自公

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報