東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

求むシングルマザー 松戸のNPOがケアマネ募集

「困ったときはお互いさま」と応募を呼び掛ける佐久間浩子代表

写真

 松戸市の認定NPO法人「たすけあいの会ふれあいネットまつど」(佐久間浩子代表)は、正規職員の採用にシングルマザー特別枠を設け、介護支援専門員(ケアマネジャー)を募集している。 (林容史)

 障害児の支援活動を続ける中、子育てのためにパートで働かざるを得ないお母さんたちが多い実態を目の当たりにし、一人親世帯の支援に乗り出す。

 募集するのは二人。要介護者のニーズに応じ、適切なサービスが受けられるよう事業者らと連絡、調整を図ってケアプランを作成する。ケアマネジャーの有資格者で、原則、義務教育までの子どもを育てているシングルマザー。勤務地は同市金ケ作のふれあいネットまつどケアステーション。勤務時間は週三十七・五時間で、育児や家事、介護などに合わせ勤務時間を考慮する。給与は月二十二万〜二十七万円。子どもの急病などで遅刻や早退、欠勤をしても職場全体でカバーして、給与は減額しない方針。応募締め切りは二十五日。面接で採用を決定する。

 佐久間代表は「困った時はお互いさま、の気持ちでやってきた会。温かい気持ちで利用者に接してくれる人に来てほしい。職場で助け合っていきましょう」と応募を呼び掛けている。

 ふれあいネットまつどは一九九八年に設立。二〇〇一年に法人格を取得し、一二年に認定NPO法人。居宅介護支援、訪問介護サービスをはじめ高齢者・障害者の外出支援や生活援助、常設型の交流サロンの運営などを手掛ける。

 問い合わせ、応募はふれあいネットまつど=電047(346)2052=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報