東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

酒気帯び運転で容疑の県職員逮捕 富津署

 富津署は二十一日、酒を飲んで車を運転して署に出頭したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、県君津健康福祉センター(木更津市)副主幹の砂田浩容疑者(64)=館山市上真倉=を逮捕した。

 逮捕容疑では同日午前九時四十分ごろ、富津市海良の富津署まで、酒気帯び状態で軽乗用車を運転したとされる。

 署によると、砂田容疑者は同日未明に同市内で起きた当て逃げ事件に関与した疑いがあり、電話で出頭を要請。署に到着した砂田容疑者が酒臭かったため、検査したところ、基準値を超えるアルコールを検出した。砂田容疑者は二十日夜に同センターの送別会で飲酒。「酒は抜けたと思った」と供述しているという。

 県によると、砂田容疑者は、県立児童福祉施設「富浦学園」の園長で定年退職後、再任用され、同センターで勤務している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報