東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

野田の議場で愛を誓うのだ 結婚情報誌の企画 県内で初開催

鈴木有市長の祝辞に聞き入る三浦謙さん、好美さん夫妻=野田市で

写真

 野田市の市議会議場で二十七日、市内に住む会社員の三浦謙(ゆずる)さん(39)とパートの好美さん(37)夫妻が結婚式を挙げた。式を挙げないカップルが増える中、結婚情報誌「ゼクシィ」が昨年二月から全国で手掛ける取り組み。野田に愛着を持って住み続けてもらおうと、野田市は県内で初めて開催した。

 式を挙げたのは、今年二月に婚姻届を提出したばかりの三浦さん夫妻。拍手に迎えられ議場に入場した二人は、愛を誓って宣誓書にサイン。鈴木有市長は「野田をもっともっと好きになってほしい。二人で手を携え、末永くお幸せに」と祝福した。

 友人に借りたウエディングドレス姿で式に臨んだ好美さんは「人前に出るのが苦手で式を挙げなかった。とても緊張したけど、普段、入れない議場で式が挙げられてよかった」。結婚を機に、市原市から市内に引っ越した謙さんは「感動で涙が出て足がもつれた。自然があり、古い商店街が残る良い街」と、すっかり野田が気に入った様子だった。

 新婦の父親の山口直保さん(63)は「市長、議長はじめ大勢の方々に祝福され、一生、思い出に残る結婚式になった」と感謝を述べた。

  (林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報