東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

芥川賞の若竹さん 木更津市が市民栄誉賞

木更津市の市民栄誉賞を贈呈され笑顔の若竹千佐子さん=市役所で

写真

 デビュー作「おらおらでひとりいぐも」で第158回芥川賞を受賞した木更津市在住の主婦若竹千佐子さん(63)に、木更津市は29日、市民栄誉賞を贈った。市役所での贈呈式で若竹さんは「好きで書いてきた小説で栄誉賞をいただけるなんて夢にも思わなかった。木更津の名を汚さぬようこれからも頑張りたい」と喜びを口にした。 (山口登史)

 若竹さんは、岩手県遠野市出身。結婚や子育てを機に相模原市に引っ越し、一九八七年に木更津市に移り住んだ。

 小説「おらおらでひとりいぐも」は、夫に先立たれた東北出身の七十四歳の主婦「桃子さん」が、孤独や悲しみと向き合い、自由な生き方を見つけていく姿を描いた。版元の河出書房新社によると、発行部数は五十万七千部(二月九日現在)で、近年の芥川賞受賞作の中でも非常に好調な売れ行きという。

 贈呈式後、報道陣から次回作について尋ねられた若竹さんは「まだはっきりしておらず、あまり期待しないでください」と前置きしつつ、題材として「中年以降の女性、おばあさんは歯に衣(きぬ)着せず自由であり、面白いと思う」とも語った。

 渡辺芳邦市長は、「子育てを終え、幼い頃からの作家になりたいという夢を実現し、目標に向かって頑張る人に希望と夢を与える快挙。市民や郷土の誇りだ」と話した。

 市は四月二十八日午後二時から、同市太田のロイヤルヒルズ木更津ビューホテルで、若竹さんを講師に招き「文芸講演会」を開く。事前予約が必要で、四月一日から参加者を募集する。入場無料。定員は二百五十人。問い合わせは、市立図書館=電0438(22)3190=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】