東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

「船えもん」…道しるべ 船橋市「街区表示板」更新

「船えもん」(左)も加わった街区表示板の設置作業=船橋市で

写真

 船橋市は、所在地を示す街区表示板をリニューアルすることにし、付け替え作業を始めた。新しい表示板には市の産品ブランドPRキャラクター「目利き番頭 船えもん」などをあしらい、ローマ字の表記も添えた。イラストを使ったのは、県内で三市目という。

 街区表示板は縦六十六センチ、横十二センチでアルミニウム製。同市では一九六五年以降に電柱などに設置され、老朽化が進んでいることから、市職員が付け替える。イラストは船えもんと、スポーツ健康都市宣言シンボルマークの「汗一平・風さやか」の二種類。

 作業初日の三月二十七日は市役所近くの湊町に市職員が集まり、船えもんも参加した。三月中に湊町一、二丁目と本町一、二丁目で計百六十二枚を更新し、今後も表示板の劣化状況をみながら順次付け替える。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報