東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

外環道沿い道の駅「いちかわ」 あす7日にオープン

7日にオープンする道の駅「いちかわ」=市川市で

写真

 市川市国分の東京外郭環状道路(外環道)沿いに建設されていた道の駅「いちかわ」が完成し、七日オープンする。午前十時から記念式典があり、駐車場の利用は午後零時半から、施設の利用は午後一時すぎからとなる。

 この道の駅は、外環道の高谷(こうや)ジャンクション−三郷南インターチェンジ(埼玉県三郷市)間一五・五キロの開通に合わせて開業予定だった。同区間は当初、今年三月末までに開通する予定だったが、工事遅れから六月二日に開通する。

 施設は平屋の約千七百平方メートルで、敷地面積は約一万七千三百平方メートル。地元の特産品を販売するほか、レストラン、インフォメーションコーナーなどがあり、開館時間は午前八時〜午後十時。駐車場(百二十台分)などを除き、施設とその一帯の事業費は約十一億五千万円。

 県内では二十九番目の道の駅となり、国土交通省首都国道事務所は、県内で最も西に位置するとともに、「都心に一番近い道の駅になる」とPRしている。

 開業時には外環道が開通していないが、工事中の外環道の一部を暫定的に利用し、車でアクセスできる。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報