東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

東金市長選告示 新人が一騎打ち

 任期満了に伴う東金市長選が八日、告示され、いずれも無所属新人で、元市議の前嶋里奈さん(53)=自民推薦=と行政書士の鹿間陸郎さん(67)が立候補を届け出た。

 前嶋さんは赤字経営が続く地域中核病院「東千葉メディカルセンター」(東金市)の経営健全化に力点を置く。飲食店経営や自身の子育て経験などを生かして「住みよい街づくりに全力を尽くす」と話す。

 鹿間さんは「安心して暮らせる街づくりのためには(市の)財政を立て直すしかない」と話す。雇用創出のための地域産業の活性化を掲げ、市政懇談会を開き、市民への情報発信に取り組むとしている。

 前嶋さんの市議辞職に伴う市議補選(被選挙数一)も八日、告示され、いずれも無所属の元職一人と新人二人が立候補した。

 投票は十五日に市内二十七カ所で行われ、即日開票される。選挙人名簿登録者数は七日現在で四万九千七百四十四人。 (黒籔香織)

◇東金市長選立候補者(届け出順)

◆前嶋里奈(まえじま・りな) 53 無新

 東金国際交流協会理事・会社役員(元)市議▽フェリス女学院大 =自

 <公約>東千葉メディカルセンターの経営の安定化、みんなにやさしい市政と言う事で、子育て支援や介護の充実。また、若者の雇用創出など未来への投資

◆鹿間陸郎(しかま・りくろう) 67 無新

 行政書士・東金日中友好協会理事(元)千葉市職員▽青学大

 <公約>子育て環境・高齢化対策ナンバーワン 住みやすさナンバーワン(人口増・産業改革)人、まち、市政がもっと変わる仕組みづくり     

◇東金市議補選立候補者(被選挙数1−候補3)=届け出順

佐瀬幸世 41 家電販売手伝い 無新

伊藤博幸 53 住宅資材販売業 無元<1>

佐瀬幸治 42 建設業 無新

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報