東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

市川市長選再選挙あす告示 3新人が出馬か

市川市内各所に設けられたポスター掲示板=同市で

写真

 市川市長選再選挙は十五日告示される。立候補を表明しているのは、いずれも無所属新人で、元衆院議員の村越祐民さん(44)=立民、民進、共産、自由、社民、市民ネットワーク千葉県推薦、元県議の坂下茂樹さん(43)、元衆院議員の田中甲(こう)さん(61)。三人とも昨年十一月の市長選に続く出馬で、野党系一人と保守系二人による選挙戦になる見込み。二十二日に投開票される。 (保母哲)

 昨秋の市長選では、立候補した五人がいずれも当選に必要な法定得票(有効投票総数の四分の一)に達しなかった。選挙直後には、選挙結果の無効を求める異議申し出があったため、再選挙は当初予定の一月から、約三カ月ずれ込んだ。

 村越さんは、県議を経て衆院議員二期を務めた。昨秋の市長選では最も多い得票だった。今回も「野党統一候補」として、「勝つのは市民だ」と力を込める。

 坂下さんは市川市議二期八年、県議二期六年を経験。街頭活動などで「市民の声を聞くなどして、『ありがとう』があふれる市川市にする」と主張している。

 田中さんは市議、県議を経て衆院議員三期を務めた。「市民のための政治をする。住んで良かった、住んでみたい、と思ってもらえるまちにする」と訴える。

 昨秋の市長選直後から、立候補した五人はいずれも再選挙に出馬する意向を示していた。しかし、今月二日に元県議の小泉文人さん(44)、六日には元市議の高橋亮平さん(41)が相次いで出馬辞退を表明。小泉さんは田中さんを、高橋さんは坂下さんをそれぞれ支援している。

 坂下さんは自民党市川市支部の推薦を受けたが、市議の間で反発もある。十三日には公明党市川市議団(八人)と政策協定を結び、支持を受けると発表した。村越さんの推薦政党には今回、立憲民主党が加わった。

 選挙人名簿登録者数は四十万八百五十四人(三月一日現在)。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報