東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

東金市長選 初当選の鹿間さん 「元気ある市に再生したい」

東金市長選で初当選し、支持者との写真撮影に応じる鹿間陸郎さん(右)=東金市で

写真

 十五日に投開票された東金市長選は、無所属新人で行政書士の鹿間陸郎さん(67)が、無所属新人で元市議の前嶋里奈さん(53)=自民推薦=を破り、初当選した。鹿間さんは二度目の市長選挑戦で前回の雪辱を果たした。同日深夜、鹿間さんは市内の事務所で「重責を感じている。元気ある東金市に再生していきたい」と抱負を語った。 (黒籔香織)

 選挙戦は、赤字経営が続く地域中核病院「東千葉メディカルセンター(MC)」(東金市)の経営安定化や、市の財政再建などが争点だった。鹿間さんは、いずれの課題にも取り組む姿勢を示し「市民の負託に応えるよう、市政を担っていきたい」と語った。

 投票率が過去最低の42・53%(前回47・40%)だったことについては「東金市の厳しい実情を訴えきれず、市民の関心を喚起することができなかった」と述べた。鹿間さんは東金市で生まれ育ち、千葉市職員として三十八年間勤めた。

 前嶋さんは、東千葉MCの経営安定化や子育て支援の充実などを訴えたが、及ばなかった。

 十五日は、前嶋さんの市議辞職に伴う市議補選(被選挙数一)も投開票され、無所属元職が当選した。

◆東金市長選確定得票

当 11,145 鹿間陸郎 無 新<1>

  9,142 前嶋里奈 無 新 

◇東金市議補選確定得票(被選挙数1−候補3)

当 9,192 伊藤博幸 無元<2>

  6,284 佐瀬幸世 無新 

  3,581 佐瀬幸治 無新 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報