東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

京成電鉄「千葉中央駅西口ビル」 21年秋目指し建て替え

千葉中央駅西口ビルの建て替え後のイメージ

写真

 京成電鉄は、千葉中央駅に直結する複合商業施設「千葉中央駅西口ビル」を、老朽化のため八階建てに建て替え、二〇二一年秋にオープンする。七、八階には外国人観光客向けホテルを開業する。

 建て替え後の延べ床面積は一万一千平方メートルで鉄骨造り、一〜六階に飲食や物販の店舗のほか、オフィスが入居する。

 現ビルは四階建てで延べ床面積は四千六百平方メートル。商業施設「Mio(ミーオ)」の三、六番街の場所で、フードコートなどがある。テナントではすでに「ケンタッキーフライドチキン」などが閉店したが、「ロッテリア」「なか卯」なども退去してもらい、八月から着工する。 (村上豊)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報