東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

市川市長選再選挙 「市政の転換、市民求めた」 村越さんに当選証書

当選証書を受け取る村越さん=市川市役所で

写真

 「市政の転換を、多くの市民が望んでいたから」−。二十二日投開票された市川市長選再選挙で初当選した村越祐民さん(44)の当選証書付与式が二十三日、市役所であった。勝因について村越さんは、報道機関の取材に「(有権者から)市政を変える唯一の候補と思ってもらえたから」と説明。昨年十二月下旬以降、市長が不在であることから、二十四日朝に初登庁する。 (保母哲)

 当選証書を手にした村越さんは「身の引き締まる思い」と述べるとともに、選挙で掲げた公約を挙げながら「市民の要望に基づいた政策を進めたい。実行できるものから進める」と意欲を語った。

 市議会では、選挙戦で相対した保守系が多数を占めているが、村越さんは「選挙が終わればノーサイド。全ての市議の皆さんと虚心坦懐(たんかい)に話し、協力し合いながら市政を進めたい」と説明。「私は保守でも革新でもなく、特定の立場で仕事をしようとは思わない」と話した。

 選挙戦では保守系の分裂が結果的に村越さんを押し上げた、との見方には「コメントする立場にない」。「野党共闘」を前面に打ち出し、森友・加計学園問題や財務省幹部のセクハラ疑惑などによる安倍政権批判が追い風になった可能性もあるが、村越さんは「(選挙戦への)影響はなかった」と述べた。

 当選証書を手渡した佐々木和夫・市選挙管理委員長は「市政のかじ取りに期待している。市民のための市政を進めてほしい」と話した。

   ◇

村越祐民(むらこしひろたみ) 44 無新<1>

  (元)衆院議員・外務政務官・県議▽青山学院大

◆市川市長選確定得票

当 46,143 村越祐民 無 新<1>

  42,931 田中甲 無 新 

  41,880 坂下茂樹 無 新 

◆ビデオカメラ2台で開票作業を撮影 「異議」受け市選管

開票作業を検証するため設置されたビデオカメラ=市川市で

写真

 市川市長選再選挙の開票作業が行われた国府台市民体育館・第一体育館には、二台のビデオカメラが設置された。昨年十一月の市長選直後、選挙結果の無効を求めて市民二人から出された異議申し出を受け、市選挙管理委員会が改善策として設置した。開票作業を検証する際に活用する。

 ビデオカメラは、開票所となったアリーナを見下ろす観客席と、ステージ上方で三脚に固定された。市選管は当初、一台の設置を予定していたが「見えない部分がある」として、二方向から撮影することにした。

 開票作業の改善策として市選管は、ビデオ設置のほか作業手順の見直しなど、計六項目を今回の再選挙から実施した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報