東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

船橋で囲碁大会 愛好者ら腕前競う

愛好者らが腕前を競った囲碁大会=船橋市東部公民館で

写真

 囲碁愛好者や有段者が腕前を競う「縁の会」(上村到会長)主催の囲碁大会が、船橋市東部公民館であった。「市と町の親睦・交流戦」として県内を中心に百五十一人が出場し、団体戦や個人戦などを繰り広げた。日本棋院県支部連合会などが後援した。

 大会は毎年一回開催されており八回目。団体戦には計二十五チームが出場し、A〜Cの三リーグに分かれて対戦した。一チーム三人編成で、東京都や群馬、神奈川県の愛好者がメンバーのチームもあった。

 段級差によるハンディキャップや持ち時間も設けられ、大会実行委員長の宮崎祐治さんは「女性や若い人にも加わってもらい、今後も回を重ねたい」と話す。

 会場では大熊悠人初段、信田成仁六段、三村智保九段による指導もあった。大会などの問い合わせは、宮崎さん=電090(7204)6198=へ。 (保母哲)

 各部門の優勝者は次の通り。(敬称略)

 【団体戦】▽Aリーグ 木更津支部市原▽Bリーグ 流山支部▽Cリーグ 千葉中央支部【級位者戦】佐倉市(江島廣紀)【有段者戦】▽初段〜三段 佐倉市(島田亨)▽四段以上 船橋市(尾上慎一)【ペア戦】流山市(阿部千恵子・佐久間祐一郎)、木更津市&東京都町田市(牛山道子・金光清博)=2チーム

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報