東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

五輪に向け上総一ノ宮駅東口に改札 今秋着工、20年5月頃開設へ

新たに東口を開設するJR上総一ノ宮駅=一宮町で

写真

 二〇二〇年東京五輪のサーフィン会場となる一宮町は、JR外房線・上総一ノ宮駅の海岸側に東口の改札口を新設する。現在西口にしかない改札口を増やし、観客を駅から会場の釣ケ崎海岸まで運ぶ拠点とする。今年秋には着工し、五輪開催前の二〇年五〜六月に完成を目指す。

 町企画課によると、計画では、駅構内の渡線橋を海岸側に延長し、新たにICカード専用の自動改札機、エレベーター、階段を設ける。

 総事業費は約八億五千万〜九億円。県が財政支援をする予定。町は約一億三千九百万円の駅周辺環境整備基金と起債を活用する。二月の臨時議会で六千万円の設計予算案が可決された。

 町は一九九三年に海岸側の町有地を駅前東口広場として整備。改札口の設置を検討したが財政的に厳しく計画は頓挫し、現在は広場だけがある。五輪開催地となったことや、町内約三千世帯に東口整備のアンケートを実施したところ、約七割近くが賛成したことを受け、県とJRに協力を求めていた。 (黒籔香織)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報