東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

起業目指す女性のアイデア商品に 流山市の創業スクール修了生ら「フェス」

会場でフラワーアレンジメントを楽しむ子どもたち=流山市で

写真

 技術とアイデアで事業に乗り出す女性たちが、自ら「商品」をアピールする「フラワーフェスティバル」が4月29日、流山市の流山おおたかの森駅南口駅前広場で開かれた。市の創業スクールの昨年の修了生らがワークショップなどで、市民らと交流を楽しみながらセールスした。

 市は2015年から毎年、3カ月間ほどのスクールを開講。修了後の実践の場として会場を提供している。今回は、手作りブーケのワークショップやイラスト似顔絵の制作など九つのブースが並んだ。

 似顔絵を描いてもらった市内の小学4年吉村莉子さん(9つ)は「とってもかわいい。うれしい」と顔をほころばせた。スクールに通い、出展経験もある母親の京子さん(47)は「周りが起業を応援してくれる」と話す。

 消しゴムはんこを使ったバッグ作りを紹介した伊藤美紀さん(34)は「専業主婦の頃からものづくりで仕事をする夢があった。子どもからお年寄りまで、いろいろな人たちにPRできた」と喜んでいた。

  (林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報