東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

「行徳弁講座」DVDに きっぷの良さ特徴 市川市南部の方言

DVD「行徳弁講座」のジャケット(市川市提供)

写真

 市川市南部の方言「行徳弁」を収めたDVDが出来上がった。製作した市は「地元への愛着を深め、地域の文化を後世へ継承するため」とし、動画サイトYouTubeの「市川市からのお知らせチャンネル」で閲覧できる。

 「行徳弁講座」の動画は約38分。解説者は行徳弁を「江戸時代以降の塩田関係者の独特のなまりがあり、江戸に近いことから、きっぷの良さが特徴」などと説明。短編ドラマ仕立ての10話で、その語り口などを紹介した。

 ドラマでは「いし」は「あなた」、「おい」は「私」を意味することや、「やべえ」は「行こう」、「やんべえ」は「やりましょう」などと解説。地元市民らが出演している。

 DVDは市立小中学校に配布し、市立図書館でも貸し出す。希望者には1枚500円で販売する。

 問い合わせは市文化振興課=電047(300)8020=へ。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報