東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

市川市動植物園・スマトラオランウータンの赤ちゃん 3つの中から名前選んでね

母親の「スーミー」にしがみつく、スマトラオランウータンの赤ちゃん(市川市動植物園提供)

写真

 市川市動植物園(同市大町)で生まれたスマトラオランウータンの愛称を、同園が20日から募集する。インドネシア・スマトラ島に生息しているが、国際自然保護連合のレッドリストに絶滅危惧種として記載され、「深刻な危機」レベルとされる。

 同園によると、国内にいるスマトラオランウータンは現在、2月に園内で生まれた雌の赤ちゃんを含め11頭のみ。このうち同園で4頭を飼育している。赤ちゃんは周囲を見回したり、物をつかむようになったりと、順調に育っているという。

 愛称の候補は三つ。生まれた時季に咲き始めたタンポポの花にちなんだ「ポポ」と、ナズナの花から「ナズナ」、マレー語で虹を意味するプランギから「プラン」。園内に置く投票箱で6月3日まで受け付け、同10日に発表する。

 問い合わせは、同園=電047(338)1960=へ。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報