東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

県内公立小中・特別支援学校の歯科検診 「要受診」も半数「行かず」

 県内の公立小中・特別支援学校での歯科検診で、虫歯の治療などが必要な「要受診」と診断された子どものうち、約半数が受診していないことが、開業医らでつくる県保険医協会の調査で分かった。

 調査は昨年十月末〜十二月末に千二百二十校に調査票を郵送。四百五十四校から十五万五千三百七十七人分の回答(回答率37・2%)が養護教諭を通してあった。

 二〇一六年度(一部は一七年度)の検診で、要受診は30・4%。そのうち歯科医療機関に行っていない未受診率は52・5%の二万四千八百三十四人に及んだ。小学校で46・5%、中学校で70・1%、特別支援学校で60・1%。

 また、一五、一六年度に未受診だった子どもに対し、半数の学校が「口の中の健康に問題がある」と回答。「一人で虫歯が多数あり、多くが七〜八本以上」「口の中が虫歯で真っ黒」「歯の根しか残っていない」といった事例が報告された。

 家庭環境に関しては、「保護者の仕事が忙しい」「経済的、時間的な余裕がなく歯科医院に連れて行けない」「食習慣が整わず悪くなっている」など。ほかに「保護者の関心が薄い」「通院より部活や塾の時間を優先」などがあった。

 県保険医協会の担当者は「受診できない理由の根底には、経済的問題や歯科医療への認識・知識不足が考えられる」と分析。初期の虫歯では放置し、症状が進行して痛みが出てから受診するケースがあるため、保護者と子どもへの啓発活動の必要性や、医療費助成制度の拡充を訴えていく。 (村上豊)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報