東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

JR外房線のトンネル内 窓枠に腰掛けて転落 骨折

 三十日午前八時半ごろ、勝浦市浜行川のJR外房線行川アイランド−上総興津間のトンネル内で、走行中の安房鴨川発千葉行き普通電車(六両編成)の窓から、同市の漁師の男性(19)が転落し、脚の骨を折るなどの重傷を負った。勝浦署によると、男性は当時、窓を全開にして窓枠に腰を掛けていた。下半身は車内、上半身を車外に出した状態だったという。

 署によると、男性は「車内が暑かった」と理由を説明。バランスを崩して落ちたとみて調べる。

 男性は友人と二人で遊びに行く途中で、友人が勝浦署に通報。男性は線路脇に倒れており、病院に搬送された。

 JR東日本によると、外房線は上下線の一部区間で約二時間運転を見合わせ、約五百人に影響した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】