東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

「まるでピンクのじゅうたんみたい」 マザー牧場「桃色吐息」2万5000株

鮮やかなピンク色の花を咲かせる「桃色吐息」=富津市田倉のマザー牧場で

写真

 富津市田倉のレジャー施設「マザー牧場」で、ペチュニアの一種「桃色吐息」が見頃を迎えている。9月中旬まで見ることができるという。

 マザー牧場によると「桃色吐息」は南房総市出身の園芸家、杉井明美さんと千葉大の共同開発で生まれたペチュニアの改良品種。約5000平方メートルの敷地に2万5000株が植えられ、鮮やかなピンク色の花々が風に揺られている。1日に東京都府中市から家族や知人と訪れた主婦(43)は「まるでピンクのじゅうたんみたい」と楽しんでいた。問い合わせは、マザー牧場=電0439(37)3211=へ。(山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報