東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

外環道 県内区間など 半世紀かけついに開通

テープカットし、くす玉を割って外環道の開通を祝う関係者ら=市川市で

写真

 東京外郭環状道路(外環道)の県内区間などの開通を祝う式典が二日、市川市の仮称北千葉ジャンクション(JCT)付近で開催され、出席した森田健作知事ら関係者が歓迎の声を上げた。

 開通式では石井啓一国土交通相が「当初計画から半世紀という歳月がかかった。計画を受け入れ、用地を提供してくれた皆さんの協力のたまもの」とお礼を述べた。森田知事は「外環道の開通によって、指折りの農業、水産業、工業を有する県のポテンシャルが十分、発揮できるよう首都圏中央連絡自動車道(圏央道)、北千葉道路の整備促進に努める」と話した。

 地元の小学生を交え、石井国交相らがテープカットし、くす玉を割って開通を祝った。この後、出席者らが乗った車両、最新のエコカー、警察・消防車両など約七十台を連ねて通り初めを行った。

 今回、開通したのは市川市の高谷JCT−埼玉県の三郷南インターチェンジの約一五・五キロ。計画全体の約六割が完成し、東関東道、常磐道、東北道、関越道が環状に接続された。外環道と並走する国道298号も同時に開通した。(林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報