東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

大田中将の慰霊顕彰の集い 長柄町の生家近く 命日の13日に営む

 太平洋戦争末期の沖縄戦で自決した旧日本海軍の大田実中将を慰霊顕彰する集いが、命日の十三日午後一時半から、長柄町高山にある生家近くの顕彰碑前で営まれる。

 大田中将は司令官として部隊を率いて米軍と戦い、一九四五年六月十三日に地下壕(ごう)で自決した。その一週間前、海軍次官宛てに「沖縄県民斯(か)ク戦ヘリ。県民ニ対シ後世特別の御高配ヲ賜ランコトヲ」と、沖縄県民の戦いぶりに報いるよう求める電文を送ったことで知られる。

 当日は、大田中将の孫らが出席。電文の読み上げや、読経などがある。ともに自決した六人の位牌(いはい)の供養もする。

 問い合わせは、地元世話人の相馬さん=電090(7009)3314=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報