東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

東京五輪・パラリンピック幕張メッセ使用期間 「4月21日から9月20日」

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックで、フェンシングなど七競技の会場となる幕張メッセ(千葉市美浜区)の使用期間について、県は十四日、「四月二十一日から九月二十日までの五カ月」と発表した。県の要望で、昨年三月に大会組織委員会が提示した「四月上旬から九月末までの六カ月」より一カ月ほど縮まったが、大型連休にかかるため、恒例の大型イベントの開催は難しくなりそうだ。

 大会組織委が十三日、県に伝えた。県によると、競技スペースや観客席など会場設営の設計が具体化する中で、設置や撤去のスケジュールが固まり、短縮のめどが立ったという。国際会議場などの一部区画は、五月末まで通常利用できる。

 幕張メッセの国際展示場では、昨年四〜九月に百六十件のイベントが開かれたが、そのうち三分の一は春に集中する。大型連休中には「ニコニコ超会議」や「“どきどき”フリーマーケット」があり、各十万人以上が入場する。二〇年は大型連休中の大イベント開催が困難な見通しとなり、県は大イベントの主催者に前倒し開催を促す。

 他方で、四月上旬にある入学式や入社式のほか、秋にめじろ押しの産業展示会への影響は少なそうだ。昨年九月下旬の「東京ゲームショウ」では約二十五万人が入場した。

 森田健作知事は「例年開催されているいくつかのイベントが開催可能となり、喜ばしい」とコメント。県の担当者は「ホール一つでも空けばイベントができる」と述べ、大会組織委にさらなる期間短縮などを求めるとしている。 (村上豊)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報