東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

涙ぐむ裁判員の姿も 松戸女児殺害 母の意見陳述書代読

 松戸市立小学校三年のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9つ)=が殺害された事件で、十五日に千葉地裁で開かれた殺人などの罪に問われた同小の元保護者会長渋谷恭正(やすまさ)被告(47)の第九回公判。この日は父親の証人尋問と、母親の意見陳述書の代読があり、傍聴席からはすすり泣く声が聞こえ、涙ぐむ裁判員の姿も見られた。

 父親のレェ・アイン・ハオさん(35)は法廷で初めて証言し「犯人を許せない」と極刑を求めた。「娘の夢は無残に打ち砕かれた」などとする母親のグエン・ティ・グエンさん(31)の意見陳述書も野原俊郎裁判長によって読み上げられた。

 証人尋問でハオさんは、自らが希望して日本語で発言した。ただ、少し内容が伝わりにくい部分があると、野原裁判長は「通訳を通してください。私たちに伝わらないと審理ができない」と諭した。「奥さんにも理解してもらわないといけない」と促されると、長い回答の場面はベトナム語で証言した。

 検察官から事件後のリンさんの弟(4つ)の様子を聞かれると、ハオさんは、なぜお姉ちゃんが学校から戻ってこないかと聞かれると証言。「どう答えたら良いんですか」と声を張り上げると、法廷内でグエンさんの泣く声が響いた。被告は一点を見つめ、姿勢を崩さなかった。

 事件後からハオさん家族に寄り添う松戸市の小石琴恵さん(34)は、リンさんと同級生の長男らとこの日の公判を傍聴した。「思いがあるのに伝わらなくて歯がゆい気持ちが出ていて、つらかった。後ろ姿からものすごいものを背負っていると改めて感じた」と話した。 (黒籔香織)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報