東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

米男子体操チームが練習を公開 船橋で東京五輪に向け事前合宿

市民が見守る中、練習する米男子体操チームの選手=船橋市で

写真

 2020年東京五輪に向け船橋市で事前合宿した米国男子体操チームが、合宿最終日の23日、練習を一般公開した。選手たちは来年と再来年も船橋を訪れ、「体操専用体育館」である市立船橋高校第三体育館で練習する。

 参加したのは、今年の全米大学体育協会(NCAA)体操競技大会で個人総合優勝し、17年の全米選手権でも個人総合優勝したユル・モルダウアー選手(22)、今年のウインターカップで個人総合優勝したサム・ミクラック選手(26)ら9人。選手たちは18日以来、連日、同体育館で練習を重ねた。期間中には市立宮本小学校を訪れ、児童と給食を楽しむなどした。

 23日の一般公開には市民760人余が訪れ、選手たちはあん馬や平行棒など6種目の練習に取り組んだ。事前募集した市内の小学生30人を、選手たちが教える体操教室もあった。

 初の事前合宿を終え、米体操協会男子ディレクターのデニス・マッキンタイヤー氏は「素晴らしいおもてなしと練習施設で、充実したキャンプを送ることができた」と話した。米男子体操チームは16年に開催されたリオ五輪・団体戦で、5位入賞している。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報