東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

オスプレイ「十分な情報提供を」 木更津市議会 要望書案を可決

 木更津市議会は二十七日、陸上自衛隊木更津駐屯地(木更津市)で行われている米軍の輸送機オスプレイの定期機体整備などを巡り、防衛省などに十分な情報提供を求める要望書案を賛成多数で可決した。

 同駐屯地では、昨年二月から始まったオスプレイの整備が大詰めを迎え、七月中旬以降に試験飛行する見通し。二十五日には別のオスプレイが飛来し、二十六日から二機目の機体整備が始まっている。

 要望書では、機体整備について、試験飛行の際、東京湾南部や相模湾上空を使うことや夜間の騒音に十分に配慮することなどを確認した覚書を順守するよう米軍に働きかけるとともに、十分な情報提供を行うよう要望するとしている。

 また、陸自が導入するオスプレイの佐賀空港(佐賀市)への配備が難航し、木更津駐屯地に暫定配備される見通しとなっていることについて、防衛省などに「今後の決定までのプロセス及び選定方法などについて情報提供するよう要望する」と求めている。

 要望書は小野寺五典防衛相や鈴木良之防衛装備庁長官ら宛てで、斉藤高根議長ら市議四人が近く防衛省北関東防衛局(さいたま市)を訪れて提出する。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報