東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

17年分報告書 知事所得は2573万円 県議平均1723万円

 県資産公開条例などに基づく森田健作知事と熊谷俊人千葉市長、県議の昨年一年間の所得の報告書が二日、公開された。森田知事は二千五百七十三万円、熊谷市長は千四百十二万円、県議の平均は約千七百二十三万円だった。 (村上豊、中山岳)

 森田知事は給与所得が二千四百六十四万円で前年とほぼ同額。雑所得は百九万円で、テレビ出演料が減少して前年より約百三十一万円少なかった。

 熊谷市長は三十三万円の増加。増えた主な要因は、市長の給料を月額二割カットする減額措置が、熊谷市長の二期目の任期が満了した昨年六月十三日でいったん中断し、翌十四日〜七月三十一日までは満額の給料が支払われたため。同年七月に市議会で減額措置の条例改正案が改めて可決され、八〜十二月の給料は再び二割カットされた。

 県議の所得報告は、昨年一年間にわたって県議を務めたうちの九十人が対象。最も多かったのは河上茂議員(自民)で七千四百七十六万円だった。

 報告書は県庁、千葉市役所、県議会事務局でそれぞれ閲覧できる。 

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】