東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

鎌ケ谷市長選 立候補者の横顔

 鎌ケ谷市長選が一日告示され、八日の投開票に向け立候補した二人の舌戦が熱を帯びている。五選を目指す無所属現職の清水聖士さん(57)と、無所属新人で元市議の岩波初美さん(59)の横顔を紹介する。 (保母哲)

 (届け出順)

◆清水聖士(しみず・きよし)さん(57)無現<4>

 北千葉道路を事業化

 昨年二月、県市長会会長に就いた。さまざまな要望活動などで「大臣ら国政にも人脈が広がり、市民のための諸事業が進められる」と五選出馬を決断。北千葉道路は東京五輪までに事業化、新京成線の高架化事業完成による施設整備といった市政の課題を挙げながら、「子どもからお年寄りまで、笑顔あふれるまちにしたい」と力をこめる。

 趣味はソフトボール。地元チームで、外野手としてプレーする。「左中間のフライを背走して捕球したりと、ファインプレーができると、うれしくなりますね」。ラグビーも続けてきたが、けがをしないようにと、二年前から自粛。外務省時代にインドへ赴任し、以来、インド料理が好物になったという。

◆岩波初美(いわなみ・はつみ)さん(59)無新

 効率良い市政へ改革

 「鎌ケ谷も今後、人口減と高齢化が進む。これまでの過剰投資をやめ、効率の良い市政へと改革しないと」。市議を一九九一年から通算四期務め、「市長でないと、できないことがある」と市長選への挑戦は前回(二〇一四年)、前々回(一〇年)に続いて三回目。昨年九月には、組織マネジメントなどを学んだ千葉工大大学院を修了した。将来を見据え、「市民が一人一役となり、お互いに支え合うまちにしたい」と願う。

 最近は体の柔軟性を維持しようと体操教室に通っており、ポールウオーキングにも励んでいる。好物はせんべい。「仕事を終え、ビールを飲みながら口にすると、『幸せだなあ』『日本人で良かった』と感じます」と笑顔を見せる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報