東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

祝福と歓声 成田沸く 日本代表帰国 1000人超出迎え

サッカー日本代表の帰国を出迎える大勢のサポーターら=成田空港で

写真

 ワールドカップ(W杯)の戦いを終えたサッカー日本代表が五日午前、モスクワからのチャーター便で帰国した。成田空港には千人を超えるサポーターらが集まり、史上初の八強入りを懸けたベルギーとの熱い戦いぶりなどをたたえる声が上がった。(小沢伸介)

 到着ロビーはユニホーム姿などのサポーターらでごった返し、電子看板には「おかえりなさい! 感動をありがとう!」の文字を表示するなど、祝福ムードに包まれた。選手たちが姿を現すと、大きな歓声とともにスマートフォンを持つ手が一斉に上へと伸び、あちこちから無数のフラッシュが明滅した。

 会社を休んで駆け付けたという茂原市の山本博文さん(44)は「本当によく頑張ってくれた。試合中継の翌朝は寝不足でつらいのに、仕事でテンションが上がる不思議な感覚を味わった。選手たちをじかに迎えられて良かった」と笑顔。

 日本代表の追っ掛けという愛媛県の女性(30)は、人一倍手を振り声援に応えていた同郷の長友佑都選手の姿に「サポーターを大事にする彼らしい振る舞い」と喜び、「ここまで頑張ると予想した人はいないと思うが、四年前のふがいなさが世界と戦う力になった。ベルギー戦の悔しさを次へとつないでほしい」と願っていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報