東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

松戸女児殺害 無期判決 渋谷被告、身じろぎせず

無期懲役の判決を言い渡された渋谷恭正被告(右)と判決を見守る女児の父親のハオさん(中)(イラストと構成・勝山展年)

写真

 児童を守るべき立場だった被告に対する注目の判決は、無期懲役だった。六日、千葉地裁で言い渡された、松戸市の小学三年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9つ)=殺害事件の裁判員裁判判決。「社会や学校教育に与えた衝撃は計り知れない」という裁判長の言葉を、死刑を求刑されていた元保護者会長の渋谷恭正(やすまさ)被告(47)はどう受け止めたのか。極刑回避の判決にリンさんの父親は「残念で悔しい」と涙を浮かべた。

リンさんの遺影を手に、千葉地裁に向かうハオさん=千葉市中央区で

写真

 「被告人を無期懲役に処する」。公判の冒頭で野原俊郎裁判長から主文を告げられた際、渋谷被告は証言台の前に立ったまま、身じろぎ一つしなかった。

 六日午後三時十五分、渋谷被告はこれまでのジャージー姿と違い、白い半袖シャツを着て入廷。刑務官に支えられて証言台に向かった。判決では、無罪主張が退けられ、「被告の弁解は信用できない」「反省の態度は皆無」などと、厳しい指摘が続く中、被告は証言台の前の席に座り微動だにしなかった。

 初公判以降、欠かさず公判を傍聴してきたリンさんの父親レェ・アイン・ハオさん(36)は、終始厳しい表情で渋谷被告を見つめていた。

◆裁判員「重圧あった」

 「難しい判断だった」。判決後、裁判員三人と補充裁判員一人が記者会見した。先月四日の初公判から一カ月余の審理を終え、刑の重さに悩んだ心境を語った。

 四十代の男性裁判員は、「評議で死刑の重さなどを話し合い、公平さを考えた。(無期懲役は)正しい判断をしたと思う」と話した。一方、公判で遺族がリンさんの思い出を語り、極刑を求めたことを振り返り「感情的に思い切り流された。死刑を選ぶかどうか非常にプレッシャーがあった」と、揺れた心情を明かした。

 三十代の男性裁判員は「(死刑適用基準の)永山基準に基づき、感情を入れずに判断できたが、非常に難しかった」と話した。

 補充裁判員の六十代女性は、評議で裁判長から「正解はない」と言われたとし「(リンさんや渋谷被告の)命と向き合った究極の時間だった」と振り返った。

 被告は一貫して無罪を主張した。四十代の女性裁判員は「被告は公判の最初から最後まで表情がなく、判決をどう受け止めるかもわからない」と語った。 (中山岳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報