東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

「仲間と野球続けたかった」 館山総合のプロ注目左腕・相川亮太投手(3年)

写真

 1−1の同点で迎えた六回表。先頭打者の中越え三塁打に続き、連続四球で無死満塁に。4人目の打者への初球を右前に運ばれ、決勝点を許した。「走者が出てから、制球が抑えきれなかった」。

 館山総合の相川亮太投手(三年)は、最速135キロの伸びのある直球と縦横のスライダーなど多彩な変化球を武器とするプロも注目する本格派左腕だ。

 16強入りを目標に臨んだ大会。相手の安房拓心は同じ安房地域の学校で、相川投手は友人たちに「成長した姿を見せてやろう」と意気込んで乗り込んだ。序盤から三振の山を築いたが、要所で制球が甘くなったところを相手打線に攻略された。

 試合後の取材に相川投手は「冬場の走り込みが足りず、投球動作が安定しなかったことが敗因」と振り返った。「仲間たちともう少し野球を続けたかった」。進路については「今はまだ何も考えられない」と悔しさをにじませ、グラウンドを後にした。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】