東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<夏の高校野球>4打点たたき出しコールド立役者に 成田3年・田宮裕涼主将

安打を放つ成田の田宮裕涼主将=ゼットエーボールパークで

写真

 「高めの直球には手を出さない」。成田の田宮裕涼(ゆあ)主将(三年)は、そう決めて試合に臨んだ。相手はAシードで大会屈指の投手力を誇る千葉黎明。2−2の同点となった二回裏1死満塁、千葉黎明のエース渡部翔太郎投手が投じた直球を打ち返すと、打球は二遊間を抜け、勝ち越しの2点適時打となった。

 昨秋の県大会では「何もさせてもらえずに負けてしまった」と振り返る、同じ地区の因縁の相手との再戦。「好機で打ったらヒーローだ。挑戦者の気持ちで試合を楽しもう」と振り抜いた。その後の打席でも2安打と一人で4打点をたたき出し、コールドゲームの立役者になった。

 尾島治信監督も「大会前(田宮主将は)打撃の調子が悪かったが、よく修正してくれた」と立ち直りを喜んだ。

 4回戦の相手は伝統校の銚子商。田宮主将は「最後の夏だし、徹底的に楽しみたい」と前を向いた。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報