東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<夏の高校野球>流経大柏 16強かなわず

四街道−流経大柏 2回表2死二、三塁、2点適時打を放つ四街道の佐々木光瑠選手=県野球場で

写真

 第100回全国高校野球選手権記念西千葉大会は十七日、3回戦16試合があった。Bシードで大会屈指の右腕・高坂綾投手(三年)を擁する流経大柏は、四街道に6−10で敗れ、16強入りはかなわなかった。

 流経大柏は一回裏、主砲の安永祥晟選手(二年)の3点本塁打で先制したが、四街道は二回表、打者一巡の猛攻で一挙5点を奪い、その後も効果的に得点を重ねた。高坂投手は三回途中、3番手で登板したが、四街道打線の勢いを抑えられなかった。

 Aシードの習志野は5−2で松戸六実を破った。Cシードで今春の甲子園に出場した中央学院は市川南に7−0で七回コールド勝ちした。学館浦安は、九回裏に一挙4点挙げ、市立松戸に9−8でサヨナラ勝ち。八千代も九回裏に5点をもぎ取り、我孫子東に7−6でサヨナラ勝ちした。

 十八日は東千葉の4回戦8試合がある。(山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報