東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

バリ島投資で4人起訴 無許可で9億円集める

 千葉地検は二十四日、インドネシア・バリ島での不動産投資などの名目で、元本保証と高配当をうたって無許可で約九億六千万円を集めたとして、出資法(預かり金禁止)違反の罪で、バリ島を拠点とする「アスナグループ」傘下の会社役員石田法広容疑者(56)=横浜市保土ケ谷区=と、同大黒富美子容疑者(57)=京都市上京区=ら計四人を起訴した。起訴時の認否は明らかにしていない。

 起訴状によると、石田被告らは二〇〇八年四月ごろから昨年九月ごろ、必要な許可や登録がないまま、不特定多数の相手から、計約九億六千三百万円を預かったなどとしている。

 千葉地検特別刑事部と県警の合同捜査班が四人のほかに逮捕した男女三人は不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

 合同捜査班は今月四日、全国の約百四十人から計約十一億一千五百万円を不正に預かった疑いで石田被告らを逮捕した。石田被告は「早川」と名乗ることもあった。

 閉鎖されたグループのホームページなどによると、〇二年に不動産事業を始め、バリ島に銀行など複数の会社を設立したとしていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報