東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

災害発生時 支援物資、供給で連携 県、企業・団体と協議会

 災害発生時に食料などの支援物資を円滑に供給しようと、県は物資の調達や輸送、保管を担う十一の企業・団体が連携するための対策協議会を設けた。県は個々に災害時応援協定を結んでいたが、平時から情報連絡体制を築くことで県内被災地への迅速な支援を目指す。

 協議会を設けるのは、首都圏の都県や政令市で構成する九都県市で初めてという。食料や日用品を調達する県生活協同組合連合会やイオンリテール、セブン−イレブンジャパンなどのほか、県トラック協会や県倉庫協会が参加する。

 平常時から意見交換して情報を共有し、「支援物資をどの程度調達、供給できるのか」といったことを互いに把握する。十月に行われる九都県市の図上防災訓練に参加する。 (村上豊)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報