東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

早川県警本部長「治安維持に全力」 着任会見で抱負

記者会見する早川治・県警本部長=県警本部で

写真

 県警の早川治本部長(54)が着任日の三十一日、県警本部で記者会見し、「職員と一緒にしっかり汗をかいて知恵を絞り、県内の治安維持に全力を尽くしたい」と抱負を述べた。

 二年後に県内で開催を控える東京五輪・パラリンピックについては「警備、交通対策を検討して、しっかりとした準備をしたい」と述べた。千葉県での勤務は初めてで、「先進的な面と自然豊かな地域が併存している印象」と語った。

 神戸市出身で、東大法学部卒業後、一九八七年に警察庁に入った。青森県警本部長や警察庁交通企画課長などを歴任。印象に残る仕事として、警察庁交通企画課交通安全企画官だった二〇〇七年、飲酒運転の罰則強化などを盛り込んだ道交法の改正に携わったことを挙げた。

 趣味は街歩き。信条は「一生懸命」で「千葉でも全力を尽くしたい」と述べた。 (黒籔香織)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報