東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

松戸から羽田直行 外環道開通で 来月から高速バス

 東京外郭環状道路(外環道)高谷ジャンクション(市川市)−三郷南インターチェンジ(埼玉県)の開通に伴い、松戸市内と羽田空港を結ぶ高速バス路線が新設される。九月一日の運行開始に向け、国土交通省に認可申請している。

 京成バス(市川市)、松戸新京成バス(松戸市)、京浜急行バス(東京都港区)が共同で運行する。

 新松戸駅西口、松戸駅西口発着の直行便。市内から羽田へ日に五便、羽田から市内へは六便を運行する。新松戸駅発は午前四時台の二便、同駅着は午後十時台の羽田発の二便で、それ以外は松戸駅発着となる。

 所要時間は松戸−羽田が六十分、新松戸−羽田は九十分ほど。運賃は片道大人千三百円、中学生未満六百五十円。本郷谷健次市長は「外環道の開通で新しい交通網が開け、市民にとって喜ばしいこと」と話している。 (林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報