東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

台風13号、強風で2人軽傷 停電は7市町で3300軒

 八日夜〜九日朝、房総半島に接近した台風13号の影響で、県内では、強い風にあおられて転倒するなどし、二人が軽傷を負った。東京電力によると、銚子市や柏市など七市町で最大約三千三百軒が停電。県によると、床上浸水や崖崩れなどの被害はなかった。

 県防災危機管理部によると、いすみ市で八日、七十代の男性が二階の屋根にはしごを掛けて作業中に強風でバランスを崩し、一階の屋根に落下し、軽傷を負った。

 東庄町でも同日、八十代の女性が立て掛けていた雨戸を持ち上げた際、強風にあおられて転倒し、頭に軽いけがをした。

 銚子地方気象台によると、銚子市で九日午前七時二十四分に最大瞬間風速二七・五メートルを観測。最大風速は銚子市で九日午前七時十一分に二十メートルを、成田市で同日午前三時五十九分に一四・三メートルを記録した。

 JR東日本千葉支社によると、八〜九日は京葉線や総武本線など上下計百七十八本が運休し、二日間で計約七万四千五百人に影響が出た。

 茂原市といすみ市、栄町は八日午後、計約四万三千世帯、約九万七千人に避難勧告を出したが、いずれも九日朝に解除された。 (黒籔香織)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報