東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

終戦2日前に成東駅空襲 犠牲者悼む献花式

慰霊碑に向かい献花するJR東日本の関係者ら=山武市のJR成東駅前広場で

写真

 終戦の二日前、山武市の旧国鉄成東駅(現JR成東駅)で米軍の空襲によって武器弾薬を積んだ貨車が爆発した事件の犠牲者を悼む献花式が十三日、同駅前広場の慰霊碑前で営まれた。JR東日本や駅関係者、松下浩明市長ら約三十人が出席し、犠牲者の冥福と平和を祈った。

 JR東によると、一九四五年八月十三日正午前、駅に停車中の軍用貨物列車六両が、米軍機の機銃掃射を受けた。駅員や将兵が消火にあたり、列車を移動させようとしたところ、武器弾薬を積んだ貨車に引火して爆発。駅員十五人と将兵二十七人の計四十二人が死亡した。駅員の中には未成年の男女九人が含まれ、もっとも若い犠牲者は十四歳の少年だった。

 貨車に積まれていた弾薬や高射砲は網で隠されていたため、駅員らは引火の危険性を知らずに作業していたとされる。

 式では、出席者が「礎」と刻まれた慰霊碑前で花を手向けた。爆発が起きた午前十一時五十八分に黙とうをささげた。JR東の西田直人千葉支社長は「惨劇を二度と繰り返してはならず、しっかり語り継ぐことが残された者の使命だ」とあいさつした。 (太田理英子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報