東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

通学路のトンネルに壁画描いたよ 習志野六中の美術部生徒

トンネル壁画の仕上げ作業をする中学生=習志野市で

写真

 習志野市立第六中学校美術部の生徒が、近くのトンネル内に壁画を完成させた。「通学に使う小中学生が楽しくなるような絵を」と市から制作を依頼され、「四季」をテーマに自然や動植物などを塗料で描いた。

 トンネルは同市大久保三で建設中の都市計画道路にあり、延長三十七メートル。美術部一〜三年の生徒二十三人は話し合いでテーマを決め、下絵を作成。現場の縦一・八メートルの壁面にはまずチョークで描き、七月三十日と今月一日の二日間で完成させた。

 「春」には桜などが咲き誇り、「夏」には海や魚が華やかな色彩で描かれた。塗料材や絵画道具の提供などで、県塗装工業会が協力した。

 完成した一日に式典があり、美術部部長の橋本采奈(あやな)さん(14)=三年=は「チョーク絵の上に細かく塗料を塗るのが難しかったけど、ばっちりの出来栄えです」。宮本泰介市長は「心温まる壁画。皆さんが大人になっても、ずっとこの場所に残っている」と生徒たちの頑張りをたたえるとともに、「(トンネル内の)反対側の壁面もお願いできれば」とも話した。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報