東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

北総鉄道への補助金 違法支出 地裁、前白井市長に賠償命令

 白井市の横山久雅子(くがこ)前市長が二〇一〇年に北総鉄道への補助金支出を専決処分したのは違法との最高裁決定に基づき、市が前市長に約二千三百六十万円の損害賠償を支払うよう求めた訴訟の判決で、千葉地裁は二十三日、市の主張を認め、請求額全額を支払うよう前市長に命じた。

 判決で高瀬順久裁判長は最高裁決定について争うことはできないと指摘。前市長は専決処分を違法としたこれまでの訴訟で反論する機会があったのに、参加しなかったとし、前市長側の「処分は適法だった。市に訴訟への参加を妨げられた」などとする主張を退けた。

 判決によると、県と市など北総鉄道の沿線自治体は〇九年、運賃値下げのため、分担して補助金を支出で合意。市議会で支出の議決が得られず、前市長は一〇年十月、約二千三百六十万円の支出を専決処分した。

 一〇年十二月、市民団体が「専決処分は違法」として、市が前市長に支出額を賠償させるよう求めて千葉地裁に提訴。一五年一月、専決処分を違法とする判決が最高裁決定で確定した。市は期限までに前市長から賠償支払いがなかったため、提訴していた。

 判決後、横山前市長は「大変残念だ。今後、控訴するかどうかを含めて対応を検討したい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報