東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

西村まさ彦さん監修演劇 7〜70歳の43人があす木更津で上演

本番へ意気込む西村まさ彦さん(前列中央)と出演者たち=木更津市で

写真

 俳優の西村まさ彦さんが監修し、木更津市などの住民らが出演する演劇が26日午後1時半から、同市下烏田のつくしの森幼稚園で上演される。7〜70歳と幅広い年代の43人が出演。西村さんは「木更津に感動を届けられれば」と来場を呼び掛けている。

 金沢市や富山市で市民参加型の演劇を手掛けてきた西村さんが、演劇の実行委員会関係者と知り合ったのが縁で、2016年に初上演。今回は2回目となる。

 演劇は全4本。「とっておき」を共通テーマに、結婚、学校、ダンススクール、ホテル経営を舞台にしたコミカルな作品を披露する。出演者らは6月30日から練習に励み、発声や感情表現の仕方など、西村さんからも指導を受けてきた。

 入場料は高校生以上が1500円、小中学生1000円、未就学児は無料。問い合わせは、実行委事務局のロイヤルクリニック=電0438(25)6140=へ。(山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報