東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

「梨トレ体操」愛称決めて 白井市第2弾、25日まで投票

自前でこしらえたおそろいのポロシャツ姿で、完成した体操を披露する市職員=白井市役所で

写真

 白井市が、隣の印西市にキャンパスを置く順天堂大学や、小学生らと共同制作を進めていたオリジナルの「白井梨トレ体操第二」が完成した。二十五日まで愛称決定の投票を受け付けている。

 約三分四十秒の曲に合わせて、手足を伸ばしたり、膝を屈伸するなど体を動かす。子どものころから「運動が楽しいと思う経験」をしてもらい、健康的な生活習慣づくりに役立てるとともに、市特産のナシを歌詞に盛り込むことで、愛郷心を育むねらいだ。

 「♪ハチさんぶんぶん花粉つけ 私も摘果でお手伝い」「♪幸水 豊水 あきづき かおり シャキシャキでみずみずしい」といった具合に、歌詞からナシの栽培をイメージしたり、品種名を覚えられるようにした。

 市内の中学校に以前勤めていた音楽教師が作詞作曲、順天堂大の涌井佐和子准教授が体操を振りつけた。「リズムに合わせるのが苦手な子が多い」など現場の教員や小学三年生たちの意見を取り入れて仕上げた。二〇一一年に誕生の「第一」は高齢者向けの介護予防を目的とした体操で、今回の新作は、小学校低学年からの幅広い年齢層に親しんでもらいたいという。

 市役所などに投票箱を置くほか、インターネットを介して市のホームページから市外在住者も投票できる。白井なしシャキシャキ体操▽白井なし体操▽白井なしづくり体操▽白井なしDEげんき☆体操▽白井なしのけんこう体操▽白井なし坊体操−の六候補から選ぶ、投票総数の多い候補が愛称となり、結果は十月八日、市ふるさとまつりなどで発表される。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報